歯

歯の寿命を大きく左右する根管治療|歯を残したい人におすすめ

噛み合わせ治療のメリット

医療器具

人間は歳をとるごとに、噛む力が衰えたり歯がすり減ったりするため、噛み合わせに変化が生じます。基本的に、上下左右の歯が均等に噛むことができ、食べ物を噛むための筋肉やあごの関節に負荷がかからない噛み合わせが理想的だといわれています。噛み合わせが悪いと、体に様々な不調が起こります。まず、虫歯になりやすくなります。虫歯の原因となるプラークなどの汚れは歯と歯が接触したり、食べ物を噛むことによって落ちたりします。噛み合わせが悪いと汚れが落ちにくくなるため、プラークが溜まりやすくなり虫歯になってしまうのです。また、歯医者での治療も難しくなってしまいます。噛み合わせが悪いと、歯が斜めに傾いていたりでこぼこしたりしているので、歯の治療がやりにくいのです。結果的に治療後歯が割れたり神経が近くなってしまい痛みがあったりといったトラブルに発展してしまう可能性があります。噛み合わせが悪い原因は様々ですが、一つは歯並びの悪さです。若いうちは筋肉や関節が柔軟なので、歯並びが悪くても噛み合わせに影響することはあまりありません。しかし歳を重ねるごとにその柔軟性は失われ、あごや歯に症状が現れ始めます。噛み合わせ治療では歯列矯正を行なうことで改善できます。噛み合わせ治療による歯列矯正には時間も費用もかかるのであまり気が進まないかもしれませんが、噛み合わせ治療によって噛み合わせが良くなると体の不調も改善されるので、やって損はないのではないでしょうか。他にも噛み合わせ治療による効果はたくさんあるので一度調べてみると良いでしょう。