歯科

歯の寿命を大きく左右する根管治療|歯を残したい人におすすめ

インプラントのメリット

歯医者

インプラントは第二の永久歯と言われるほど、自分の歯と同じように使うことができるのでとても便利です。入れ歯やブリッジとはまた違った治療法なので、目黒区や他の地域で行われているインプラント治療について詳しくみていきたいと思います。

» 詳細へ

噛み合わせ治療のメリット

医療器具

今感じている頭痛や肩こりなどの体の不調はもしかすると噛み合わせの悪さが原因かもしれません。噛み合わせ治療をすれば、今悩まされている体の不調が改善されるかもしれません。

» 詳細へ

根管治療の方法と注意点

歯科

虫歯の治療法には根管治療というものがあります。おそらく虫歯になった人は経験があるかもしれません。根管治療というのは、歯の根の中を消毒し細菌が入り込まないように薬を詰める方法です。この治療を行なう場合の症状をいくつか挙げてみたいと思います。まず一つ目が、虫歯の症状が進行して痛みがある場合です。歯が痛むのは、虫歯が神経まで達していることが原因です。痛みを解消するには、麻酔をしてから神経を取らなければなりません。神経を取った後に歯の根の中を消毒します。また、物を噛んだ時に痛みがある場合にも根管治療を行います。虫歯が悪化したり歯をぶつけたりすると神経が死んでしまうことがあり、その死んでしまった神経が腐って細菌が発生してしまいます。その細菌が歯の根っこの先の方までいくと、物を噛んだ時に痛みを感じるのです。このような場合にも歯の根っこを消毒することで痛みを取り除くことができます。他にも膿が歯の根に溜まってしまったり、歯茎が腫れて痛みがあったりする時に根管治療を行なうことがあります。根管治療中は歯の内面がむき出しの状態になっており、そこで物を噛んでしまうと仮の被せ物が取れてしまったり、歯が欠けたりすることがあるので注意が必要です。また、治療中に歯医者に行く期間が長くなってしまうと、その間に口内の細菌が治療中の歯に入り込み周りの歯を溶かしてしまいます。そうなると、治療中の歯以外にも治さなければならない歯が増えてしまうのです。そうならないためにも、できるだけ早く治療を終わらせるようにしましょう。

良い歯科を選ぶポイント

歯医者

池袋にある歯科の数は驚くほどたくさんあります。その中から自分に合った歯医者を探すのは一苦労です。良い歯医者を選ぶためのポイントについて調べてみたので参考にしてみてください。

» 詳細へ